失敗しない不動産屋さんの選び方

アパート選びって大変ですよね・・・
沢山の不動産屋さんをまわって、
沢山アパートの資料もらって、
一番いいと思うアパートを見つけないと
引越しが出来ない!?

①不動産屋さんとは

 ひとくちに不動産屋さんと言っても種類があります。土地分譲をする不動産屋さん。中古住宅を沢山仲介する不動産屋さん。一般の社会人向けにアパートを沢山仲介する不動産屋さん。学生さん向けにアパートを沢山仲介する不動産屋さん。それぞれに、得意分野が違います。土地分譲がメインの不動産屋さんに行っても学生アパートはありません。学生アパートを沢山仲介する不動産屋さんに行かないとだめです。また、大手フランチャイズに加盟しているところは物件情報が豊富です。地元の不動産屋さんは、地域の掘り出し物件を持っていることがあります。また、不動産屋さんどうしで情報を共有している場合も多く、探している条件によっては、どこの不動産屋さんに行っても同じアパートを紹介されると言うこともあります。



②学生さん向けにアパートを沢山仲介する不動産屋さんについて

 学生さんが引っ越すのは卒業式が終わった後と、入学式の前ですので3月や4月はじめです。それ以外の月は、入居中のメンテナンス以外大きな動きはありません。学生さん向けのアパートばかりを扱う不動産屋さんは3月や4月以外は何をしているのでしょう?社会人向けのアパートを仲介している不動産屋さん。土地分譲をしている不動産屋さん。中古住宅を仲介している不動産屋さん。自社物件があるため入居者メンテナンスのみを行う不動産屋さん。いろいろです。でも、ここで考えないといけないのは、どれがメインの仕事なのかです。学生さん向けのアパートは沢山仲介しているけれども、メインの仕事は中古住宅を沢山仲介する事。これだと、中古住宅を沢山仲介する不動産屋さんです。



③学生さんにとっての失敗しない不動産屋さんの選び方を考えてみる

 学生さんにとって最もよい不動産屋さんは、学生さん向けのアパートを沢山仲介するのが主な仕事で、また、学生さんに親切である不動産屋さんです。お部屋探しをしている時だけでなく、入居した後に親切かどうかが大切です。 でも、見分けがつきませんよね?

 数ヶ月前まで自分でご飯を作ったこともない、ごみを捨てたこともない、朝自分ひとりで起きたこともない。ないないづくしなのが学生さんです。エアコンが動かないと言う連絡を受けて、アパートに駆けつけてみると、コンセントが抜けていることが良くあります。一般の社会人向けにアパートを沢山仲介する不動産屋さんや、中古住宅を沢山仲介する不動産屋さんだと、簡単な困りごとに対応するのは面倒な仕事ですよね。他にも、トイレの電球が切れたけどどうしたらいいか?とか、お風呂の電球が切れた!とか、学生さんから色々な困りごとが寄せられます。でも、大学を卒業するまでにいろいろ勉強して、だんだん自分で出来るようになっていきます。

 社会人ならなんでもない事が出来ないのが学生さん

 「電球が切れた!」と言う困りごとでも対応してくれるのが・・・

 学生さんにとって最も良い不動産やさん



④学生さんにとって最も良い不動産屋さんの見分け方

 1.学生さん向けにアパートを仲介することが主な仕事
 2.学校の近くにいつも開いている店舗がある
 3.一年中、学生スタッフが仕事を手伝っている
 4.学生さんに親切にするとを表明している

 以上の4ポイントを全て満たしている不動産屋さんが、学生さんにとって最も良い不動産屋さんです。学生さん向けのアパート情報が豊富で、いつも開いている店舗が学校の近くにあるから困ったときにすぐ対応してくれます。また、学生さんのスタッフが仕事を手伝っていると、先輩から色々な話が聞けるし、相談事もしやすいです。最後に、「学生さんに親切にする」と表明した場合、不親切であってはいけません。出来る限り親切に対応出来るよう努力しているはずです。でも、こんな不動産屋さんありませんよね?



⑤学生さんにとって最も良い不動産屋さんは、一般社会人にとっても、良い不動産屋さん?

 アパート入居中には、何が起きるかわかりません。何も起きないのがいいのですが、お湯が出なくなる事もあります。でも、問題が起きたときにはじめてわかるのが、不動産屋さんの対応です。自分のことと思って親身に対応してくれるか?意外と、親身に対応してくれる不動産屋さんってないんですよね。自分でガス屋さんに電話してくださいと言われたりします。ガス屋さんに電話したら大家さんに電話してくださいって言われて、たらい回しなんてこともあります。

 でも、いつも学生さんの対応に慣れている不動産屋さんならどうでしょうか?起きた出来事を聞いて、判断して、業者の手配までしてくれます。まさに、おんぶに抱っこです。もし、その不動産屋さんが総合建設業もしていたら・・・、普通の不動産屋さんが知らない知識をもっています。いろいろな困ったことを、正しい知識で判断して対処することが出来ます。敷金清算の時に変なリフォーム工事をされる心配もありません。入居前、入居中、退去時全てにおいて良い不動産屋さんです。



⑥最も良い不動産屋さんは見つけたけど、住みたいアパートは隣の不動産屋さんにある!?

 良いアパートだけを探すなら、不動産屋さんなんてどこでもいいですよね。でも、入居した後のほうが、探している時よりずっと長いんです。トイレが詰まった時、お湯が出なくなった時、電気が切れた時、自分で何でも出来るなら問題ありません。もし、不安があるなら、安心が欲しいなら、昔から住めば都と言いますから、最も良い不動産屋さんだけでお部屋探しをしましょう。そして、ここからが肝心です。お部屋を決めたら、もう他の不動産屋さんには行かないことです。

 自分が探しているのが、アパートなのか?生活をする上での安心なのか?学生アパートの場合、早くお部屋を探せば、両方とも希望に添える可能性が高いです。親切な不動産屋さんは、いつでも親切だから心配要りません。でも、学生用のアパートが減ってくると、選べるアパートの数が減ります。推薦入試、AO入試、前期試験、後期試験、どんどんアパートが減っていきます。早い者勝ちですから、入試の当日にお部屋探しをするのがおススメです。