学生専用アパートとは

学生専用アパートって・・・
人生で始めて一人暮らしする時の一番最初のマイホーム。
でも、人生で一番不安なところ。
やっぱり、人生で一番楽しみなところ。
いっぱい、いろんなことを経験するところ。
就職する時は自分のお金であんなお部屋に住みたい!を探すところ。

高校卒業後、大学に通うとき、親元を離れて、初めて一人暮らしをするところ。特別な意味を持ったお引越しです。部屋探しの方法も、社会人のお引越しとは全然違います。山口県立大学に入学が決まったら、新生活をスタートするためにお部屋(アパート)を決めないといけません。どこで、どんな部屋を探すのか?どうしたらお部屋探しで失敗しないのか?学生専用アパートの特長をいろいろ比較しながら、紹介していきます。



学生(専用)アパートのすごいところ


 1.学生専用のアパートに住んでいる人は、全員学生です。

  一般社会人は住んでいません。一部、空き室の調整で社会人が住んでいる場合もありますが、基本的に学  生だけが住んでいます。


 2.学生アパートでは、騒いでも許される場合があります。

  1棟で10室のアパートだと、1年に10回近く、バースデーパーティーが開催されます。少しまとまった人  数で、夜遅くまで騒ぎます。隣の部屋で先月行われ、今月は自分の部屋で、来月は自分の部屋の上の階で  行われます。記念日なので、お互い様で何とかなります。でも、毎日うるさいと、管理会社から注意が入  ります。お気をつけください。


 3.部屋探しのときに部屋が見れない。

  お部屋探しの時に紹介されるのは、4年生が住んでいる部屋で、自分が住むかも知れない実際のお部屋を  見ることが出来ません。もし見れたら、とってもラッキーです!


 4.実際に住む4月まで家賃はかかりません。

  推薦入試や前期入試、合格発表の後すぐお部屋を決めても、実際に住む4月まで家賃がかかりません。な  ぜなら、4年生が住んでいるからです。空室でいつでも入居できる社会人向けのお部屋の場合は、お部屋  を決めると、住んでも住まなくても、約2週間から1ヶ月以内に家賃を支払わなくてはいけません。


 5.卒業と同時に退去しなくてはいけません。

  学生専用アパートだと、卒業後の勤め先がすぐ近くでも、継続入居が出来ません。もちろん、大家さんと  交渉して了解が得られれば住み続けることは出来ます。


 6.学校の近くにしか学生用アパートはありません。

  学校から離れれば学生が減るので、よく考えてみれば当然ですが、学校から離れれば、一般社会人と同じ  条件でお引越しを考えなくてはいけません。バイトのために繁華街の近くが良いとか、溜り場になるから  学校から離れたいとか、そういう時に学校から離れた学生アパートは希少価値大です!


 7.いろいろな困り事がおきます。

  鍵を実家に忘れた、網戸が外れたが取り付けられない、蜘蛛がいるから何とかしてほしい、帰省途中だが  コタツの電源を切ったか確認してほしい・・・など等、一般社会人用のアパートでは考えられないような  いろいろな要望がよせられます。←中国住宅建設工業(株)は全て対応しています。