水道管の凍結について

そんなに頻繁に起こらないけど、
すごい寒いときには起こる事があります
そんな時の対処法をこっそり教えちゃいます



①流し台のお湯の蛇口を開けてほんの少しお湯を出す

 水道管の破裂は屋外の水道管で起きます。屋外に露出している水道管は凍結防止のため、保温管という発泡スチロールの白い管に包まれています。それでも、寒いときは蛇口の部分やわずか露出した部分から凍結することがあります。さらに、細い管に水を通してお湯を作る給湯器は、最もよく破裂する水道管のひとつです。

 水道管の凍結は、水道管の中の水が流れている時は起きません。そこで、冷え込みが予想されている時は夜寝る前にお湯を出しておきましょう。ここはポイントです!水ではなくお湯です。間違えずにお湯の方の蛇口を開けましょう。

 水道の水は、アパートの部屋まで来た後に水の方の蛇口と給湯器へと分かれます。給湯器に行った水はお湯の方の蛇口とつながります。水の方の蛇口を開けた場合、給湯器とお湯の方の蛇口までは水流がない状態になります。すると、屋外に設置された給湯器は冷却され、細い水の通る管が凍結し、体積が膨張した水によって管が破裂します。翌日の昼以降、氷が解けて水が噴出します。

 お湯の方の蛇口を開けた場合、地中の水道管の水がアパートの入り口まで動きます。最も凍結しやすい給湯器の中の細い管を通り、お湯の蛇口から水が流れ出ます。これで、破裂が防げます。


②給湯器は破裂してないけど、凍結でお湯が出ない

 運よく破裂を逃れても、凍ってお湯が出ないことはあります。そんな時にお湯を出す方法は次の2つです。

  1つ目・・・自然に解けるまで待つ
  2つ目・・・給湯器の電源を取っているコンセントにドライヤーをつないで温風を当てて溶かす

 2つ方法がありますが、すぐにお湯が使いたい場合はドライヤーで暖めてください。お湯などで急激に温めると機械が壊れるので絶対にしてはいけません。


③あれ?ガスが出ない

 水道管の破裂を防ぐためにお湯を出し続けた場合、ガスメーターがガス漏れと判断することがあります。その場合、ガスメーターがガスの供給を止めてしまうので、復帰させる必要があります。ガスメーターの復帰ボタンを押して復帰させてください。もし、復帰のさせ方がわからない場合は、困ったときの対処法をご覧ください。


④破裂しちゃった

 色々試したけど、寒すぎて凍結、破裂してしまった時は、中国住宅(㈱)に連絡してください。もし、給湯器から水が噴出している場合は、ガスメーターに書いてあるガス会社にすぐ電話してください。